FC2ブログ
山形県の中学生4人が書くブログ

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん。今想像以上に眠い・・・


今から2nd買いに行かなきゃなんないのに・・・


まぁPSPはまだ届いてないけどねww(ぇ



てことで音楽貼ります。

ドリカム:未来予想図Ⅱ
とり方は、右クリックで「対象をファイルに保存」で完了です。
http://124.34.229.66:81/servlet/M302/bbs/110068/img/0038865474.mp3




続きはサッカー
まぁこれ読んで・・・


 スペインのメディア、特に『アス』紙は、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)に所属するFWクリスティアーノ・ロナウドが6月にレアル・マドリーに移籍することを確実視している。C・ロナウドは自らの将来を決断し、インテルとバルセロナを捨ててレアルのオファーに応じることにしたようだ。

 C・ロナウドがインテルとバルセロナからのオファーに心を引かれていたことは間違いないが、彼はあこがれの選手の1人であるルイス・フィーゴのように、レアル・マドリーのユニホームを着てサンティアゴ・ベルナベウでプレーすることが夢だと何度も発言していた。

 レアルのラモン・カルデロン会長はC・ロナウドとの交渉戦略を考え、マンUに彼の放出を納得させるため、5000万ユーロ(約78億円)以上の支払いを準備しているようだ。移籍が成立した場合、レアルにとってはクラブ史上3番目に高額な移籍金での獲得となる。1位はジダン(7500万ユーロ)、2位はフィーゴ(6000万ユーロ)。

 マンUが許容範囲以上に移籍金を引き上げる可能性もないとは言えない。その場合、少なくともレアル・マドリーにとっては交渉は不可能となるだろう。そうなれば、現時点ではじき出されたクラブも再び争奪戦に加わってくる。インテルのマッシモ・モラッティ会長にとっても、C・ロナウドの獲得が夢が再び現実味を帯びてくるかもしれない。


シンジラレナ~イ!

何故Cロナがレアルに・・・

最悪だよ・・・

ノシ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://growadiary.blog94.fc2.com/tb.php/32-3ff15193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。